iPhone修理 PERFECT横浜

受付時間:24時間(メール問合せ含) 営業時間:10時~20時
0120-905-113
横浜本店

スタッフブログ

iPod Classicのバッテリー交換

こんにちは!
横浜店の石岡です。

最近めっきり寒くなってきました・・・
風邪などには気をつけてくださいね!

本日は、iPod Classicのバッテリー交換をご紹介しようと思います!

以前の記事で、iPod Classicは開くのに少し労力が・・・
金属製のツメで固定されているので大変・・・
といった内容をご紹介しました。

こちらがiPod Classicを開けたところになります!
左側がフロントパネルで、右側が背面パネルです。

フロントパネル側にある、
青いフェルトがついているのが、ハードディスクです。(こんなに大きいんですね!)
液晶や正面のボタンを交換する時は、ハードディスクを取り外す必要があります。

背面パネル側を見てみましょう。
赤いマルのところが、金属製のツメです。
これらのツメがフロントパネル側に引っかかるようにできていて、
ガッチリと固定されているんですね!

こちらはフロントパネルの側面です。
光の加減で少し分かりづらいですが、赤いマルのところが窪みになってます。
ここに金属製のツメが引っかかる作りになっています。
なので、開く時には1箇所ごとにヘラを差し込んで、
ツメが引っかからないように開く必要があります。

無事に開いたら、バッテリーと繋がっているコネクタを外して、
バッテリーを取り外します。
バッテリーの下にイヤホンジャックとスリープスイッチのケーブルが通ってますので、
取り外す際は注意ですね!

 

iPod Classicのバッテリーはこんなに小さいんですね!
参考までにiPhone6のバッテリーと比較してみましたが、
一目瞭然です!

新品のバッテリーに交換して、電源が入るかどうかや、
問題なく充電されるかどうかをチェックします・・・

無事動作確認できました!
フロントパネルを元通りに装着して、
修理完了です!

さて、今回はiPod Classicのバッテリー交換をご紹介しました。
バッテリー交換以外にも「故障かな・・・?」といった端末があれば、
ぜひご相談ください!
もちろんiPod以外も承っております。
何かあればお気軽に!

次回はまた別の修理をご紹介しようと思います!
それでは本日はこのへんで!

お問い合わせ
スタッフブログ
データ・本体復旧
お問い合わせ
モバイル保険
Copyright © PERFECT All Rights Reserved.

Page Top

MENU