iPhone修理 PERFECT横浜

受付時間:24時間(メール問合せ含) 営業時間:10時~20時
0120-905-113
横浜本店

スタッフブログ

iPhoneの動作が遅い・・・

はじめまして!

パーフェクト横浜店、修理スタッフの石岡と申します。
ちなみに横浜店のiPad担当でもあります。(笑)

これからちょくちょくとブログを書いていくので、以後お見知りおきを!

早速、最近の話題ですが・・・
ここ最近は特にバッテリーの問い合わせや修理が多いです!
そういったお客様の来店時に「iPhoneの動作が重いんですよね~」といった内容のご質問を受けることが良くあります。
バッテリー交換が必要な端末の多くがiPhone6、もしくは5、5sなどのiPhone6以前のモデルである事が多く、こういったお客様は「古い端末で性能が足りないのかな?買い換えようかな?」と思われてしまいがちです。

でもちょっと待って下さい!
使用法や設定によって動作の重さを改善できることがあります。

普段アプリを使用した時、ホームボタンを押してホーム画面に戻り、そのままスリープ状態にしてしまっていませんか?
それから更に新たなアプリを起動し、またスリープ状態に・・・
このままの状態だと、iPhoneの動作はかなり重たくなってしまいます。
一体どういう事なのでしょうか・・・?という方の為に簡単にご説明いたします!

 

iPhoneで起動したアプリは、メモリという場所に作業容量を確保している状態で、たくさんアプリを起動している状態だとメモリの容量が不足してしまい、iPhoneの動作が遅くなってしまうのです。

ワークデスクの上が書類まみれで散らかってしまっている状態を想像してみてください。
この散らかってしまっている状態こそが「メモリ容量が足りない」状態なのです!
こんなデスクの上で作業が捗るはずがありませんよね・・・

散らかったデスクに対する対処法は簡単です。要はお片付けしてしまえば良いんですね。(笑)
それと同じように、iPhone上でメモリ容量を確保してあげれば良い訳です。

メモリ容量を確保するための操作方法はと言いますと・・・

1.タスクキルを行う
ホームボタンを素早く2度押しすると現在起動しているアプリが画面に表示されますよね。
これらを上にスワイプすると起動しているアプリを完全に停止し、メモリ容量を確保することができます。
この操作は「タスクキル」というもので、もしかしたらiPhoneに慣れている方なら当たり前の操作かもしれませんね。(ちなみにiPhoneXをお持ちの当店スタッフ湯川君に聞いたところ、iPhoneXでタスクキルを行う場合はスワイプではなく、長押ししてから上にスワイプするそうですよ)

皆さん様々なアプリをご利用だと思いますが、WEBブラウザなどのデータを通信するアプリは特にメモリの消費量が大きいので、こまめにタスクキルして快適にiPhoneを使いましょう!

2.視覚効果の設定
iPhoneは画面切替時の表示や、ホーム画面を美しく見せる機能が搭載されています。
例を挙げるなら、本体を傾けた時にホーム画面に奥行きがあるように見えたりする機能ですね!
これらもメモリ容量を消費し作業容量を圧迫します。
なので、これらの設定をオフにすることで、快適な動作の為のメモリ容量を確保出来ますね!
設定方法は「設定」のアプリを起動し、「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」に進み、「視差効果を減らす」をオンに設定します。
次に、「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」に進み「透明度を下げる」をオンにします。
これで設定は完了です!
そうそう、設定が終わったらしっかりタスクキルしてくださいね。(笑)

実は私も、1年程前にiOSのアップデート直後にかなり動作が重たくなるようになってしまいまして・・・
タスクキルをしっかり行っても暖簾に腕押し!
色々調べ、視差効果の設定を変更したところ、本当に動作が軽くなりました。
かなり効果が高いと思われますので、オススメです!

動作が遅くなってしまっても、買い替えを検討する前に色々な設定を見直してみたりするといいですね!

では本日はこのくらいで失礼します!
次回の更新をお待ちください!

 

お問い合わせ
スタッフブログ
データ・本体復旧
お問い合わせ
モバイル保険
Copyright © PERFECT All Rights Reserved.

Page Top

MENU