iPhone修理 PERFECT横浜

受付時間:24時間(メール問合せ含) 営業時間:10時~21時
0120-905-113
横浜本店

スタッフブログ

iPad4のガラス割れを修理してみた

こんにちは!

パーフェクトの藤村です!

 

8月も終わりに近づいて来たこのタイミングで、本格的に暑くなりましたね!

やっと夏らしくなりましたが皆様お元気でしょうか?

人間と同じように、iPhoneも暑いところに放置すると

壊れてしまいますので、注意が必要ですよ!

 

さて、本日はiPadがどんな風に直っていくのかをお見せしたいと思い

写真をいくつかご用意致しました!

iPad4、何気にまだまだ現役で使われていますよね!

A1458がWi-Fiモデル、A1459とA1460がセルラーモデルなのですが

今回修理する端末はWi-Fiモデルで御座います!

 

歴代iPadを修理していると、iPad2とiPad3のホームボタンの仕組みは似ていて

iPad3とiPad4は外観ほぼ同じだけど、30ピンかライトニングかっていうところや

ホームボタンの仕組みが違ったりと微妙にバージョンアップしていて

iPad4とiPad Airは外観こそ薄く軽量になり、大きく変化しましたが

ホームボタンの仕組みは同じだったりと、そういった細かい部分を見ていると

iPadの歴史や企業努力を見つめる事ができてかなり楽しいです(笑)

 

おっと、また話がそれてしまいましたね(^^;)

早速修理の様子を公開していきたいと思います!

ではまずは最初の段階です!

じゃじゃーん!

めちゃくちゃ細かくガラスが割れています(^^;)

ここだけの話、これくらい細かくガラスが割れますと

ガラスを剥がす時にどんどんガラスが粉々になって

机の上や手はガラスまみれになります(笑)

いつかこのガラスに殺されてしまうのではないかと

不安になるくらいガラスがいっぱい出て

気がついたら手にガラスが刺さってる事もよくあります!笑

 

ちなみになのですが、iPadはどんな風に画面と本体が固定されているかご存知ですか?

実はこれ、強力な両面テープでくっついているだけなんですよ!

なのでガラスを交換する時は、まず縁を温めて、テープの粘着力を落としてから

ガラスを少しずつ浮かして外していくのですが、ここまで細かく割れてしまいますと、

細かく砕けすぎてしまっているため、どう考えても通常のやり方だと

時間がかかりすぎてしまって作業に数日費やしてしまいそうです(>_<)

それでは時間がもったいなさすぎますので、今回は力技でいきました!

こまかく砕けておりますので、粘着テープのない部分を少し壊して

まずはガラス全体を開くところから始めました。

ぽつんと取り残されたホームボタンがシュールですね(笑)

 

こうする事によって本体と液晶を固定しているねじが露出し

液晶の裏側にあるガラスの部分(デジタイザーという部品)と液晶を

本体と繋いでいる部分を外す事ができるので、本体にしっかりくっついた

ガラス達をザクザクはがしていけるようになります(笑)

 

しかしここで注意点が1つありまして、iPad4のホームボタンは本体とボタンが

ケーブルで繋がっていて、ホームボタンから左に伸びて本体と接続されるため

今回のように剥がしている最中にうっかりケーブルを切らないようにしないといけません!

写真の赤線を引いたあたりにちょうどケーブルがあります!

うっかりすると切ってしまいそうじゃないですか?笑

このケーブルを切ってしまうとホームボタンは飾り物になり

全く反応しなくなりますので気をつけてくださいね!笑

 

さて、ねじを外してデジタイザーと液晶を外しました。

縁には割れたガラスがいっぱいくっついたままですので

デジタイザーや液晶のケーブルを傷つけて使えなくしないよう

注意しながらそーっと外しました。

液晶を外すと一気に機械らしい部分が露出します!

ここでクイズです!

この赤枠で囲んだ部分はなんでしょう!笑

……

………

…………

……………

………………

正解は………

……………………

………………………

…………………………

……………………………

………………………………

バッテリーでした!

 

そうなんです、iPhoneもiPadも中身は大半がバッテリーなんですよ!

 

ぼくは初めてiPadの中身を見た時、こんなにもバッテリーが占領しているなんて

ちっとも考えていなかったので純粋にものすごくびっくりしました!

これだけ薄くて小さな精密機械だから、ところせましと機械が

いっぱいびっっっっっっっっしり並んでいて、ものすごく整理整頓されていて

すごい事になっているんだろうなぁなんてぼんやり考えていたので

基本的な機械は1/4程度で残りはバッテリーだなんてちょっとショックでした(笑)

でも逆に考えれば、これだけ少ない機械部品で、これだけ多くの情報を処理したり

これだけ多くの機能を使えるなんて、それはそれですごいなとも思いました(^^)

 

さっきのままではガラスが邪魔で新しいデジタイザーをつける事ができないので

綺麗に1つ残らず剥がしていきます!

この時にメガネやマスクをしていないと、ガラス片が飛び散って

目に入ったり、口の中に入ったりする危険性が潜んでいますので

iPadのガラスを交換する時はメガネとマスクは必須です!

iPadの修理はかなりいのちがけなのわかってくれますか?笑

 

一生懸命格闘しているうちに、縁に残っていたガラス片も綺麗に取れました!

どうです?さっきまでバリバリにガラスが割れていたとは思えないくらい

できる限り綺麗に取り除きました!

デジタイザーや液晶がないだけでなんだか別物に見えますね(笑)

 

ここまで来てしまえばもう後は簡単です!

ホームボタンを載せ替えて、デジタイザーをはめて、液晶を戻して

四隅をねじで固定したらテープで固定して完成です!

 

どうでしょうか!

 

まるで新品みたいに綺麗になって生まれ変わりましたので

新しい物を買ったみたいな気持ちになりませんか?笑

 

最初の方にもお伝えした通り、iPadは画面と本体が強力な両面テープで

固定されておりますので、上の写真のように画面と本体が

剥がれてこないようにするためにしっかりとくっつける時間が必要です。

 

修理後すぐにお渡しする事もできなくはないのですが

そうすると画面が浮いてくる心配がありますので、あまりおすすめできません(^^;)

可能であれば1日くらい時間をかけてしっかりとくっつけないとトラブルの元です!

温めるとテープの粘着力は弱くなってしまうので、夏の暑い時期は

部屋に置いておいたら画面が浮いていた!なんて事にもなりかねません(>_<I

それくらい夏の閉め切った部屋は熱気こもりますからね(^-^;)

 

でも、しっかりくっつけてしまえば割れる前と同じように安心して使えるようになりますので

ガラスが割れているのなら、ぜひ当店へお持ち込みください(^^)

iPhoneだけじゃなくiPadやiPodもお直し致しますので

まずはお電話でもメールでも構いませんのでご連絡お待ちしております!

横浜店:0120ー905ー113

川崎店:044-589-3547

メール:reception@iphone-perfect.com

 

お問い合わせ
スタッフブログ
データ・本体復旧
お問い合わせ
モバイル保険
Copyright © PERFECT All Rights Reserved.

Page Top

MENU