iPhone修理 PERFECT横浜

受付時間:24時間(メール問合せ含) 営業時間:10時~21時
0120-905-113
横浜本店

スタッフブログ

イヤホンジャックの故障

こんにちは!
横浜店の石岡です。

先日、iPhoneを床に落としてしまいまして・・・
ガラスフィルムを貼っていたので、幸いにも本体のガラス面は無事でした。

保護フィルムにもいろいろ種類があり、柔らかい保護フィルムから、
ガラス製のフィルムまで様々です。

保護フィルムの有無は、画面を割ってしまうかどうかに大きく影響すると思いますので、
出来れば貼っておいた方がいいですね。
特にガラス製のフィルムだと、かなり衝撃に強いのでお勧めです!
それにしても、気に入っていたガラスフィルムだったので、少しばかりショックです;;

 

さて、本日ご紹介するのは、iPad Air2のイヤホンジャック不良です。

イヤホンジャックを見てみますと、凹み、汚れなどが目立ちます。
内部にゴミが入り込んで不良を起こしてしまった可能性もありますし、
凹みなどから察するに、ぶつけてしまったり強く抜き差ししたり等で、
壊れてしまったというのも考えられます。

iPhoneのイヤホンジャックは、基本的にドックコネクタと一体型となってますが、
iPadの場合はイヤホンジャック単体で交換となります。

こちらがiPad Air2の内部です。
中央の大きいのがバッテリー、右側の長細いものが基盤になります。

イヤホンジャックは、左上にあるこの部分ですね!
プレートで覆われているのがわかります。

プレートを取り外した状態です。
ここから、ネジや基盤、他のパーツと繋がっているコネクタ等を外してから、
イヤホンジャックを取り外します。
コネクタを外すのを忘れると、他のパーツを壊してしまうので注意です。

取り外したイヤホンジャックのパーツです。
上が元々のパーツで、下が新品のパーツですね。
プラスチックの部分が破損していまっています。
やはり何か衝撃が加わったのかもしれませんね。

新品のイヤホンジャックを取り付け、元通りに組み立て、修理完了です!

さて、今回はイヤホンジャックの修理をご紹介しましたが、
実はかなり久しぶりでした(笑)
iPadのイヤホンジャック故障は珍しいケースで、
最後に修理したのは1年前くらいだったかなぁ・・・

イヤホンジャックの内部は結構ゴミが入りやすく、
こまめに掃除することをお勧めします。
綿棒などでホコリを拭き取ったり、エアダスターで吹いたりですね。
(エアダスターはちょっとご家庭には置いてないかな?)

また、接触が悪くなったりした場合は、市販の接点復活財で接触不良を改善させることができます。
ただこれは、あくまで一時的なものなので、最終的には交換が必要になってしまうかもですね。

ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

お問い合わせ
スタッフブログ
データ・本体復旧
お問い合わせ
モバイル保険
Copyright © PERFECT All Rights Reserved.

Page Top

MENU